Title: タスクトラッキング機能の設定

タスクトラッキング機能 (プロジェクト管理機能)を利用できるグループや、タスクの担当者として割り当てるユーザーの検索動作を設定できます。

目次


利用許可グループの設定



タスクトラッキング機能を利用できるグループを選択します。

参照: FAQ2367: タスクやプロジェクトなどを投稿できるユーザーやグループを制限したい

サーバーセットアップ > プラグイン を開き、[プロジェクト管理機能コントロール] プラグインのタイトルまたは [設定] をクリックします。



プラグインの設定画面が表示されます。

[利用許可グループ] 設定で特定のグループを選択することで、タスクトラッキング機能を利用できるユーザーを限定できます。既定では [Everyone] が選択されており、すべてのユーザーとビジターが利用できるようになっています。

利用許可グループの選択

[タスク] タブの表示設定



すべてのスペース、各スペース、各ユーザーの プロフィール ページ に [タスク] タブを表示するかどうかを選択できます。詳しくは、Proteus タブ を参照してください。

メンバー グループの選択



スペースセットアップ > 設定 > 表示 の スペース メンバー グループ で、スペースを代表するグループを選択できます。

ここで選択されたグループは、タスクに担当者を割り当てるときのユーザー検索(ルックアップ)にも反映されます。

スペースメンバーグループの選択

また、ユーザー検索の動作には「アドレスブックへのアクセス」権限も影響します。この権限はサーバー管理者が設定できます。詳しくは、サーバーACLエディタ 概説 を参照してください。

例えば、上図で選択した「メンバー」グループに次の 4 名(坂井、佐野、山崎、音無)が含まれているものとします。

スペースのメンバー

アドレスブックへのアクセス権限ある場合



「アドレスブックへのアクセス」権限があるユーザーがタスクを作成するとき、担当者として割り当てるユーザーの検索を行うと、「スペース メンバー グループ」でグループが選択されている場合は、そのグループに含まれたユーザーが優先して表示されます。「スペース メンバー グループ」でグループが選択されていない場合([なし] が選択されている場合)は、すべての該当するユーザーが表示されます。



メンバーグループ指定あり メンバーグループ指定なし
メンバーグループ内を検索 全ユーザーを検索


アドレスブックへのアクセス権限がない場合



「アドレスブックへのアクセス」権限がないユーザーが担当者の検索を行うと、「スペース メンバー グループ」で選択されたグループに含まれるユーザーだけを検索します。「スペース メンバー グループ」でグループが選択されていない場合([なし] が選択されている場合)、ユーザーの検索は事実上できません。



メンバーグループ指定あり メンバーグループ指定なし
グループ内を検索 誰も検索しない


プロジェクトとの関連付け



タスクをプロジェクトと関連付けると、「アドレスブックへのアクセス権限」がない場合でも、「スペース メンバー グループ」に加えてプロジェクトのメンバーも検索できます。

例えば、同権限がない場合、上記では「a」を入力しても誰も検索にヒットしませんでしたが、下図のように「マスコミ露出キャンペーン」プロジェクトと関連させると、プロジェクトのメンバー(Akiko、Christopher、杉山)が検索にヒットするようになります。

つまり、他部署のユーザーをプロジェクトに加えておけば、プロジェクトにタスクを登録するとき、その他部署のユーザーを担当者として指定できます。

プロジェクトのメンバーを検索



Attachments:
pm_plugin_settings_02.png
space_member_group_01.png
space_members.png
search_inside_members.png
search_everyone.png
search_inside_group.png
search_nobody.png
search_proj_members.png
plugin_config.png
select_pm_allowed_grp.png
関連記事
Article: DocJp1448 (permalink)
Date: 2011/01/25; 18時19分27秒 JST
Author Name: TeamPage サポート
Author ID: jpbo