Title: TeamPage 6.2.49 アップデート

TeamPage 6.2.49 は、Microsoft Azure AD クラウドベースの ID およびアクセス管理サービスをサポートします。この新世代の Microsoft AD 技術は、他の Azure AD 互換クラウドおよびオンプレミスリソースと連携して機能する TeamPage シングルサインオン (SSO) を提供します。

また、本リリースには、「impi!」業務改善ソリューションの新しい追跡機能、リッチテキストエディターの改善、その他の多くの改善とバグ修正が含まれます。

詳しくは、下記の詳細をご確認ください。

TeamPage 6.2.49 ダウンロード




Microsoft Azure AD 統合



Azure AD は、Microsoft 社のクラウドベースの ID およびアクセス管理サービスであり、従業員がサインインして、外部のクラウドリソースだけでなく、企業ネットワークやイントラネット上のアプリなどの内部リソースにアクセスできるようにします。

TeamPage の AzureAD は、オンプレミスまたはクラウドで実行されている TeamPage サーバーを Microsoft Azure クライアントに変えます。 これにより、従業員は、所属組織の AzureAD テナントに関連付けられた Microsoft アカウントを使用して TeamPage にログインできます。

認証と権限付与



Azure AD を使用して TeamPage アカウントを作成および管理し、組織のオンプレミス Microsoft Active Directory サーバーまたは Azure Cloud アカウントにアクセスすることができます。また、組織の Azure AD テナントで定義されたユーザー、グループ、ロールに関して、Azure AD で定義されたグループまたは個人の TeamPage ACL を使用して、TeamPage の権限を管理することができます。

シングル・サイン・オンとシングル・サイン



認証は、Azure AD の OpenID Connect によるシングルサインオン(SSO)のサポートを使用します。これには、シングルサインアウトのサポートも含まれており、ユーザーが同じブラウザで Microsoft アカウントからログアウトすると、TeamPage からもログアウトされます。すでに Microsoft アカウントにログインしているユーザーは、ログインフォームからワンクリックするだけで TeamPage にサインインできます。まだログインしていない場合は、同じポリシーに基づいて認証できます(オプションの2FAなど)。

カスタマイズ可能なログイン方法



ログインフォームの外観を簡単にカスタマイズできます。Azure AD SSO がプライマリ、セカンダリ、または唯一のログイン方法であるかどうかを指定し、SSO ログインプロンプトとボタンラベルにお好みのテキストを指定します。以下の例では、Traction Azure AD がプライマリーログイン方法であり、Traction Software の Azure AD テナントが管理する企業アカウントを持つ人は、別途管理する TeamPage アカウントを作成することなくログインできます。また、オプションで Microsoft アカウントに接続されていない TeamPage アカウントの作成や管理を継続することも可能です。

Shazam with Azure AD

TeamPageへのアクセス権の設定



ユーザーにログイン権限を与えると、指定したユーザーアカウントで TeamPage 内部にアクセスできるようになり、ログイン許可を与えない場合、ユーザーは「ビジター」扱いになり、ビジターに対してログインが許可されている場合のみ、内部にアクセスできます。ログイン許可を与えると、ユーザーが初めて Microsoft のアカウントでログインしたときに、新しい TeamPage ユーザーアカウントが作成されます。また、招待機能やサーバー管理者の「ユーザーの追加」機能で新たに作成されたアカウントは、メールアドレスがアカウントに関連付けられているものと一致する場合に限り、自動的に Azure AD アカウントに関連付けられます。

ディレクトリ検索



ユーザーは組織のディレクトリで同僚を簡単に見つけられます。アドレス帳へのアクセス権限があれば、Azure AD テナントに登録されている他のユーザーが TeamPage アカウントを持っていなくても、メールアドレスを先読みして検索することができます。

簡単なセットアップ



TeamPage は、Azure AD テナント内の限られた読み取り専用パーミッションのセットのみを必要とします。また、Azure AD 管理者の同意があれば、個々のユーザーの設定や同意は必要ありません。また、移行プロセスでは、既存の TeamPage ユーザーアカウントとユーザーの Microsoft アカウントを簡単に関連付けることができます。

!impi 業務改善ソリューション



業務改善コンサルタントの「Impi!」と共同開発した業務改善ソリューションに、コーチングとメンタリングのユースケースが追加されました。ユーザーは、希望するユースケースを選択して業務改善用プロジェクトを新規作成できます。また、コーチやメンターは、「Impi!」ソリューション内に用意されたテンプレートからプロジェクトを始めたり、自分の好みに合わせてカスタマイズしたりできます。

コーチングやメンタリングの改善プロジェクトには、コーチングやメンタリングのセッションでの有用なメモや議論のポイントを記録するためのフォームが新たに加わりました。コーチングやメンタリングの特定の目標条件を達成するための体系的なアプローチのフレームワークを提供する、アクショントラッキング機能を利用できます。

レポート画面には、フォローアップしているアクションが時間通りに実行されているかどうか、またコーチングやメンタリングのセッションに費やした時間が表示されます。

署名要件モジュール



このモジュールは、Microsoft Active Directory や Azure AD などの外部ディレクトリシステムで管理されているユーザーやグループの署名要件の作成と追跡を適切にサポートするようになりました。以前のバージョンまでは、署名要件フォーム上では、TeamPage が管理するユーザーやグループだけが選択可能でした。

サーバー管理者が、署名要件の署名を提出するために TeamPage がユーザーに認証情報の入力を要求するかどうかを指定できるプラグイン設定が追加されました。既定の動作は、ユーザーのアカウントが、Azure ADアカウントなど TeamPage がユーザーの認証情報を直接確認する手段を持たない外部システムのアカウントに関連付けられている場合を除き、ユーザーの認証情報の入力が必要となります。

署名要件モジュールは、TeamPage のライセンスとは別の有償追加機能として提供されます。詳細は info@teampage.jp までメールでお問い合わせください。

バグ修正



TeamPage クエリ



• 条件「OR」で結合された2つの用語のうちの1つが、「AND」で結合された他の用語とタグ用語を含む場合など、特定の用語の組み合わせを含む検索式を TeamPage が適切に処理できないことがあるバグを修正しました。

• プロジェクト管理用のセクションのタイプ(プロジェクト、マイルストーン、タスク)に、設定された「最近の期間」の日付範囲が正しく適用されないバグを修正しました。

権限



• 特定のスペースで「タグの変更」の権限が許可されていないユーザーが、記事の作成や編集時にそのスペースのタグを追加できる場合があるというバグを修正しました。

• ある条件下において、使用できるはずのタグをユーザーが適用できないことがあるバグを修正しました。

設定と管理



• スペース管理者が既存のタグをアクティブまたは非アクティブにすることができない問題を修正しました。

• 「パーソナル セットアップ」権限のないユーザーが、必要なパスワードの変更を実行できないというバグを修正しました。

• パーソナル セットアップ > パーソナル情報 > プロフィール ページ に表示されるユーザーのプロフィール画像が、文脈に応じた適切なサイズに縮小されず、元の画像の寸法が使用されることがあるという問題を修正しました。

カスタム スタイルシート



• 管理者が、セットアップ > デザイン > カスタマイズ のダイアログを使ってカスタムスタイルシートを作成したり、既存のカスタムスタイルシートを修正したりすることができないバグを修正しました。

画像の埋め込み



• 「イメージの挿入/編集」ダイアログで「自動拡大縮小を無効にする」オプションが選択されていた場合、指定された寸法がイメージに使用されないというリグレッションを修正しました。

メディアの埋め込み



• 一般的な「メディアリソース」ウィジェット(通常、HTML5のビデオやオーディオに使用される)が、投稿者が記事コンテンツに挿入した場合に表示されない問題を修正しました。

• PDF用の埋め込みウィジェットなど、メディアを記事に埋め込み表示するためのウィジェットが、存在しない添付ファイルや他のファイルリソースを参照している場合、TeamPage が既定の対象になるバグを修正しました。

• 埋め込まれたオーディオやビデオが自動再生されてしまうことがあるバグを修正しました。

ダイジェストとメール通知



• 特定のメールソフトがダイジェストやメール通知メッセージを正しく読めず、メッセージ内に文字化けが発生することがあるバグを修正しました。

• TeamPageの「Classic Email Notifications」プラグインのバグを修正し、通知の送信を防止しました。なお、このプラグインの開発は終了しており、使用は推奨されていません。

• ダイジェストの「オンラインで続きを読む」のリンク先が誤ったベージに設定されている問題を修正しました。

メール連携機能



• 変換設定「Text-Only to HTML with Blockquotes」のプレーンテキストコンテンツの処理を修正し、テキストコンテンツが最終的に最小限の HTML エンティティに正確にエンコードされるようにしました。

• メールヘッダーに「Subject」フィールドが無い場合に、メールアドレスが処理されないバグを修正しました。

招待機能



• Welcome ページにパスワードが正しく入力されていないことを示すメッセージが表示され、招待されたユーザーが招待プロセスを完了できないというバグを修正しました。

• 新しくアップロードされたプロフィール写真が、ユーザーが招待プロセスを完了したときに表示される Welcome ページに表示されないことがありました。画像に適切にスケーリングされた寸法も適用されていませんでした。

• 「スペースへの招待を許可する」設定が無視されるバグを修正しました。

• 「招待」ダイアログで選択できるスペースは、招待のリクエストを行うユーザが他のユーザを招待することを許可されているものだけに制限しました。

ドキュメント管理



• スペースに関連付けられていない単一のファイルのページを表示すると、エラーが表示されるというバグを修正しました。

• ドキュメントのリスト画面でユーザーがフォルダの「ダウンロード」ボタンをクリックしたときに、TeamPage が作成する .zip ファイルの生成に関する3つのバグを修正しました。

ユーザー検索



• ある条件下で、既定のユーザーアカウントのセキュリティプリンシパルによってユーザーが検索されないことがある2つのバグを修正しました。

• ビジターがユーザーの検索を行わないようにする設定を追加しました。

• 外部で定義されたユーザーアカウントを表す先行入力補完に関連する2つのバグを修正しました。

高度な検索



• 特定のケースで、検索結果画面に、要求されたソート順が適用されないことがあるバグを修正しました。

• 検索結果画面に「テンプレート記事」を含めるようにしました。

• 検索結果画面において、ユーザーが選択した「重複を表示」が後続の結果のチャンクに適用されないバグを修正しました。

Microsoft Active Directory および LDAP との統合



• Microsoft Active Directory または LDAP アカウントに紐付けられていないユーザーアカウントの権限の計算が不必要に遅くなる問題を修正しました。

• LDAP ルックアップに使用される特定の Java JNDI プロパティに適切な既定値を持つようになりました。これらの適切な既定値が設定されていないと、特定の種類の LDAP 接続または読み取りの失敗により、特定のリクエストが失敗する可能性があり、そのような問題が繰り返されると、時間の経過とともに TeamPage の応答性が低下する可能性がありました。

PDF エクスポート



• PDF のエクスポート設定でロゴ画像の設定ができず、PDF にロゴが含まれないというバグを修正しました。

• 一部の埋め込み画像がエクスポートされた PDF に表示されないことがあるバグを修正しました。

ログ記録



• 特定のケースで、TeamPage が特定の操作の継続時間に関する情報をログに記録できないという問題を修正しました。

• 特定の LDAP クエリに関連する診断ログに、必要な情報が含まれていない問題を修正しました。

• TeamPage のデバッグログが有効な場合に収集されるタイミング情報が不正確になる場合があるという長年の問題を修正しました。

カレンダー



• カレンダーのポップアップ詳細ダイアログで、記事や段落にぶら下げられたタスクや予定が正しくスタイリングされない問題を修正しました。

編集



• 「リンクの挿入/編集」ダイアログを使わずにコンテンツに入力した URL からリンクが張られていると、リンク切れを起こすことがあるというバグを修正しました。

• 入力されたコンテンツに「link」という単語が不適切に挿入されるバグを修正しました。

• 既存の記事を編集する際に、以前に指定した日付や時間の値がクリアされないことがあるバグを修正しました。

• 既存の選択されたテキストにインライン装飾(太字や斜体など)を適用したときに、ページ下部のステータス欄にエラーメッセージが表示されることがあるというバグを修正しました。

• クラシックな編集フォームを使って、既存のテンプレート記事を編集できないバグを修正しました。これは頻繁に発生するものではありませんが、適切にサポートされるようになりました。

• 「共有ファイルまたはフォルダへのリンク」パネルのリンクダイアログのファイル選択コントロールで、選択されたフォルダに含まれるファイルやフォルダが正しく表示されないというバグを修正しました。

• 記事の名前設定ダイアログで「履歴を表示」ボタンが機能しないというバグを修正しました。

• 「画像の挿入/編集」ダイアログで、TeamPage の画像ウィジェットでバックアップされていない画像をユーザーがエディタで選択した場合、「リモートイメージを参照」オプションが正しく選択され、リソースの URL が記入されるようになりました。

有償追加モジュール



• Standard Meetings モジュールのバグを修正し、「Tasks Still Open from Previous Meetings」などのセクションで表示されるタスクが、現在フォーカスされている日付範囲(「タイムスライス」)の間に作成されたものに不適切に制限されるようになりました。これらのセクションでは、リクエスト URL で指定された日付範囲に関係なく、該当するすべての結果が正しく表示されるようになりました。

• 署名要求モジュールのバグを修正し、署名が必要なユーザーのリストに含まれていないにもかかわらず、非アクティブなユーザーアカウントが署名状態のカウントに含まれるようになりました。この種の情報を表示する際に、非アクティブなユーザは正しく無視されるようになりました。

その他



• 特定のケースで、ユーザー名ではなくメールアドレスを使って TeamPage にログインできないことがあるバグを修正しました。

• Active Diretory に変更が加えられた場合や、特定の TeamPage キャッシュが管理者によって手動でクリアされた場合に、特定のキャッシュデータの冗長な再初期化を引き起こす可能性のあるバグを修正しました。

• TeamPage が記事をコメントとして扱う原因となる参照タイプを使用して、同じ記事への複数の参照がある場合に、記事がコメントスレッド内で重複してしまうバグを修正しました。

• 入力フォームの「スペース」フィールドの初期選択がない場合に、タグが適切にロードされないバグを修正しました。

• ページ内の通知メニューで、タスクの優先度を示すインジケーターの背景が正しい色の「ピルボックス」になっていなかった問題を修正しました。

• コメントフォームに表示される「ライブアクティビティ」の情報が不完全になることがある問題を修正しました。

• TeamPage の起動時のクリーンアップを変更し、使用されなくなった設定ファイルを削除しました。

• プロジェクトおよびマイルストーンのダッシュボード画面の一部が、Sort リクエスト・パラメータに対して不適切に応答する問題を修正しました。

• TeamPage がエラーページを生成および表示する方法に関するいくつかの問題を修正しました。エラーメッセージに単なるテキストではなくマークアップが含まれている場合があり、その場合、マークアップがリテラルメッセージのテキストの一部として表示されていました。

• カスタムテキストパターンウィジェット機能(サーバー設定 > サーバーファイル > カスタマイズ可能な構成)に関連する2つの小さなバグを修正しました。これらのウィジェットを適用すると、結果として得られる HTML のレンダリングが期待通りに変更されないという問題がありました。また、管理者が適用するウィジェットの選択を変更したり、ウィジェットの1つの定義を変更したりしても、その変更がすぐに反映されるとは限りませんでした。

• ユーザープロフィール > 下書き ページから、記事のエクスポートとメール送信のリンクを削除しました。

• 添付ファイルの詳細を表示しようとすると、特定のケースでエラーが表示されるバグを修正しました。

• テキストのみ文書で表示するためのエントリ属性をレンダリングする際に、誤った表示テキストを使用するバグを修正しました。

• テキストのみ文書でのプレゼンテーションのために、TeamPage が特定のウィジェットのテキストオンリーレンダリングを使用することを妨げるいくつかの問題を修正しました。

• ユーザープロファイルページを表示する際に、TeamPage のユーザー設定アシスタントが適切なタイミングで表示されたり、省略されたりすることを妨げるバグを修正しました。

• サイドバーに表示される「下書き」ボックスに特定の情報が適切に表示されないことがあるバグを修正しました。

• 「リレーションシップの編集」ダイアログのリレーションシップタイプのドロップダウンリストに、利用可能なすべてのカスタムリレーションシップタイプが含まれていないことがあるバグを修正しました。

• TeamPage がイベントリスナーに必要なタスクを実行する方法に関連する同時実行バグを修正しました。イベントリスナータスク自身が、より多くのイベントリスナータスクの実行を引き起こす操作を実行した場合、特定のケースでは、イベントリスナータスクのキューが無限にデッドロックし、状況を解決するためにTeamPageの再起動(場合によっては強制的にシャットダウン)が必要になることがありました。

• 特定のケースで、ライセンスの有効期限が正しく更新されないことがあるバグを修正しました。

• 新規に作成されたスペースにスペーステンプレートのACLとグループが正しく適用されないバグを修正しました。

• スペース内の1つ以上の記事を削除する際に、削除レコードにコンテンツが含まれていない場合、TeamPage が不適切にスペース内の投稿またはコメントの権限を要求するバグを修正しました。

改善



PDFエクスポート



• エクスポート設定ダイアログやエクスポート操作(記事をPDFにエクスポートする場合など)の際に、使用するフォントのファイルが実行しているOSにインストールされていない場合に発生するエラーの処理を改善しました。

先行入力補完



• テキストが入力されていない場合でも先行入力補完オプションが提示されるように改善しました。

編集



• リッチテキストエディタ内に入力されたテキストを文字通り入力されたものとして扱うように指定できるようになりました。例えば、スペース名+記事番号を入力すると、通常は記事投稿時に当該記事へのリンクに変換されますが、変換を行わずにそのままのテキストで表示されるようにできます。

• TinyMCE を使用したリッチテキストエディタのスタイルが更新、改善しました。

• 「画像の挿入/編集」や「ウィジェットの挿入/編集」など、リッチテキストエディタのダイアログで使用するレイアウトやスタイルを改善しました。画像ダイアログでは、アップロードしようとしている画像のプレビューが表示されるようになりました。

プロジェクト管理



• ダッシュボードのバーンアップチャートやアクティビティのスパークラインなど、プロジェクトやマイルストーンに役立つグラフィックインジケータを表示するかどうかを、管理者がスペースごとに指定できるようになりました。

• 担当者設定ダイアログに表示されるタイトルとボタンのラベルの表記をわかりやすいものに変更しました。

その他



• パフォーマンスと結果の表示の両方の面において、添付ファイルの一覧画面を大きく改善しました。

• パーソナルセットアップ > パーソナル情報 > プロフィールページ に、アカウントのプロフィール詳細の表示に関する設定を追加しました。

• 前バージョンまでは、記事を編集してメンションを追加してもメンション先のユーザーには通知が配信されませんでしたが、本バージョンより通知されるようにしました。

• 1つの日付にまたがるイベントの日時範囲の表示方法を、その1日を表す1つの日時を表示するように変更しました。

• 記事の履歴確認画面で「選択したバージョンを比較」ボタンの動作を改善しました。

• セクションテーブルウィジェットで表示する列の選択がより簡単になりました。第一に、選択肢が列名のアルファベット順に並べられるようになりました。第二に、以前は複数の列が非常に似通った名前を持っている場合、どちらを選択すればよいのかがとてもわかりにくかったのですが、本バージョンから、選択肢に表示される表記を十分にわかりやすいものにしました。

• 記事のタイトル下に表示される拡張詳細テーブルのパディングと行の高さを多くの場所で調整し、読みやすくしました。

• TeamPage のインストーラーによって作成される Windows サービスを改良し、予期しない TeamPage プロセスの終了の様々なケースを適切に処理できるようにしました。

• TeamPageのサイド・バイ・サイドの複数選択エディタコントロールをより広くしました。

開発者向けの変更



英文のリリースノートを参照してください。 --> support.tractions...



Attachments:
login-shazam.png
teampage_logo.jpg
Article: Download2426 (permalink)
Categories: :DocJp:R62, :DocJp:ChangeLog, :Visitor:お知らせ
Date: 2021/03/25; 16時35分14秒 JST
Author Name: TeamPage サポート
Author ID: jpbo