Title: TeamPage 6.2.31 リリースノート

TeamPage 6.2.31 は、クエリの最適化、検索式の処理、およびキャッシングの大幅な改善など、さまざまなパフォーマンスの改善に重点が置かれたリリースとなりました。これらの改善は、大きなジャーナルを使用している環境および検索機能を広い範囲で使用する環境で特に大きな意味を持ちます。

また、今回のリリースでは、他にも次のような多くの変更を行いました。

詳しくは、下記の詳細をご覧ください。



Download TeamPage 6.2.31


目次


改善



クエリのパフォーマンス



このリリースの最も重要な改善は、TeamPage に組み込まれたクエリのパフォーマンスを向上させることです。これらの改善は、大きなジャーナルを使用している環境および検索機能を広い範囲で使用する環境で特に大きな意味を持ちます。

クエリの最適化



これらの最適化は、検索が適用される前の、TeamPage によるクエリの「基本結果セット」の取得に適用されます。

• 期間範囲などの要求されたパラメータが、結果を取得するための追加作業が実行される前に可能な限り絞り込まれるように、クエリの処理方法を変更しました。

• すべてのクエリタイプ固有の「暗黙的」フィルタリングを TeamPage の SDK クエリ実装層に移動しました。ここでは、インメモリ メタデータ インデックスを使用して、以前は高レベルのコードで除外されていた候補結果をすぐに無効にすることができます。

• 要求された最小数および最大数の結果の処理を最適化しました。

• アクティビティ > フィード画面など、ページ下部への画面スクロールに伴って次のページ コンテンツが表示される画面で、次の「チャンク」または「ページ」を取得するために使用されるオフセットの処理の処理が改善されました。

検索の最適化



これらの最適化は、TeamPage による検索式を含むクエリの処理に関連しており、実行される作業量を最小限に抑えるように設計されています。

• 検索式は、補助クエリの実行などの追加作業を実行してそれらを適用する前に簡素化されるようになりました。

• 検索式に一致する結果がない(またはない)とすぐに判断できる場合に追加の作業を行わないようにするためのショートカットを追加しました。

• 検索フィルタリングが実際に適用される方法を最適化しました。基本結果セットのサイズとどのような種類の検索式が存在するかに応じて、純粋な反復述部フィルタリング、高性能の補助照会を使用したフィルタリング、またはハイブリッド手法など、最適なフィルタリング戦略が選択されます。

• 検索式の処理に使用される補助クエリの処理を最適化して、基本クエリと基本結果セットの有効範囲を一致させながら、期間範囲などのパラメータをできる限り絞り込むようにしました。

• 検索を含むクエリは、可能な場合はいつでも 1 つ以上の検索式に基づいて同等でより優れたパフォーマンスのクエリを使用するように書き換えらえるようになりました。

外部検索エンジンの統合



Solr 高機能検索機能



TeamPage の Solr へのクエリを改善し、ユーザーが行う検索に最適な結果が返されるようにしました。

• 検索条件設定の [クエリ言語] で [簡易] が選択されている場合(既定)、日本語解析エンジンでトークナイズされた単語を OR ではなく AND で結ぶようにしました。前バージョンでは、例えば「東京建設」というキーワード検索を行うと、日本語解析エンジンによって「東京」と「建設」に分けられ、OR 条件で結ばれて「東京または建設が含まれるものを検索しなさい」というリクエストになっていました。本バージョンでは、確実に AND 条件が指定されるようにしました。

• 本バージョンから、TeamPage が Solr へクエリを送信する前にトークナイズ(例えば「東京建設」を「東京」と「建設」に分けるような、検索キーワードを単語に分ける処理)を行わないようにしました。TeamPage も Solr も kuromoji を使ってトークナイズを行うように設定できますが、最適な検索結果の取得とハイライト処理の実行のため、トークナイズは Solr に任せ、TeamPage ではトークナイズを行いません。

• ドリルダウン式のフィルターで複雑な絞り込みを行って適切なハイライト結果を得られうように、複数のファセット バケットの「any」「all」「none」オプションを改善しました。

管理画面



• Solr 高機能検索機能など、外部検索エンジンのインデックス管理画面の表示を高速化しました。

「Co-occurrence of Terms Reporting」プラグイン



• 「Co-occurrence of Terms Reporting」プラグインをアップデートし、最新バージョンの TeamPage の高機能検索モジュールと互換性問題を修正しました。このプラグインは、TeamPage の外部検索エンジンの利用状況に関するレポートを表示したり、毎週メールでユーザーに送信したりします。この機能に興味がある方は info@teampage.jp までご連絡ください。

品質管理とリスク管理のソリューション



TeamPage の品質管理およびリスク管理ソリューション用のモジュールを、互いがより統合的に動作するように改訂しました。

• 品質管理ソリューション用モジュールで使われていた「Non-conformance」と「Nonconformance」という用語を「Nonconformity」(不適合)に変更しました。

• リスク管理モジュールに「Standard」のエントリー タイプを追加しました。この種類の記事(エントリー)は、特定の企業内の特定の活動に適用されるさまざまな規格(ISO 9001 や ISO 45001 など)を表すために必要に応じて作成できます。「Standard」エントリーに添付される特別な CSV ファイルを使って、品質管理モジュールの投稿/編集フォームの特定のフィールドに利用可能な選択肢を設定できます。また、ユーザーがその規格を参照する新しい不適合記事を作成するときに適用される優先テンプレートを指定することもできます。

• 品質管理モジュールの不適合および是正処置のタスク記事、およびこれらの記事を投稿/編集するためのフォームを改善しました。

• 不適合と是正処置の投稿/編集フォームに含まれる別々のフェーズの期日フィールドには、現在の日付からの日数でのオフセットを管理するスペースごとの設定によって決まる既定値が適用されます。

• 脅威の管理、イノベーション タスク、および改善の機会の管理を行うための記事は、すべてひとつまたは複数のフィードバック報告タスクに関連付けることができ、不適合および是正処置のタスクとともに、フィードバックレポートの特別な「参照」リストに表示されます。

• 不適合に関するサーバーレベルのナビゲーション タブとページを追加し、すべての分野で品質管理活動を簡単に行えるようにしました。

Impi Risk Table

• リスク管理モジュールのプロセス入力フォームの [Associated Space] フィールドを必須化しました。プロセス記事を投稿または編集するユーザーは、少なくとも 1 つの関連スペースを指定する必要があります。

• 品質管理、リスクおよび改善プロジェクト モジュールのダッシュボードのまとめページに組み込まれたさまざまな構成可能なセクションテーブルで、作成日情報を使用できるようになりました。

カレンダー機能



「表示」ボックス

• サイドバーの [表示] 欄のチェックボックスのオン/オフの状態をクッキーに保存し、ブラウザを閉じるまで記憶されるようにしました。

• カレンダー画面に表示できる Google カレンダーの最大ソース数を「4」に増加させました。

• Google カレンダーのソースの設定方法を変更しました。フルカレンダー用に Google カレンダーを設定済みのすべてのお客様は、次の新しい方法で再設定してください。

以前は、各 Google カレンダーのソース設定欄には、ひとつのテキスト入力欄に「ID, テキストの色, 背景色」という形式で記入していました。



今回のリリースで、ID、テキストの色、および背景色は、別々の設定欄に分かれました。また、[表示名] のテキスト入力欄に記入された内容は、サイドバーの [表示] 欄のチェックボックスにラベルとして表示されます。



古い形式の設定内容は本バージョンには引き継がれません。お手数ですが Google カレンダーの再設定をしていただくよう、お願い申し上げます。

DataTables 機能



DataTables サンプル

• 本バージョンより Download1682: DataTables プラグイン がインストーラーに含まれ、自動的にインストールされるようになりました。

• パフォーマンスを向上させるために Ajax を使用してデータを取得し、処理中であることを示すインジケータを表示するようにしました。

• CSV、Excel、PDF、クリップボードへのコピー、および印刷用のエクスポート ボタンを追加しました。エクスポートされるコンテンツは、ファイルター(検索)の結果が反映されます。

• 各列に、その列に対する検索(フィルタ)テキストボックスを追加しました。

その他



• TeamPage のメタデータ インデックスを管理する方法を変更して、特定の不要な情報を保存しないようにしました。これにより、ディスク容量だけでなくメモリも節約されます。

•TeamPage のエントリー データ キャッシュをより効率化しました。

• TeamPage が大きなジャーナルを使って起動する場合、いくつかのバックグラウンド プロセスを初回起動してジャーナルからデータをデータベースにインポートする処理に時間がかかりことがあります。このようなケースでは、処理が完了するまで起動プロセスを完了できない可能性があり、これが予期しない動作を引き起こすことがありました。今回のリリースでは、このような処理作業が TeamPage の起動プロセスを妨げることが無いように改善しました。

• 現在オープンされているリソースに関連した統計情報の収集を改善しました。統計画面には、検索ボックスに /jmxviewer と入力し Enter キーを押すことでアクセスできます。

• 記事やメールに添付されるファイルおよび共有フォルダにアップロードされるファイルを監視し、指定された最大サイズより大きなファイルがアップロードされないようにするための、新しい設定を追加しました。これにより、通常のユーザーによる誤った処理、悪意のあるユーザーによるDDoS攻撃など、TeamPage サーバーが大量の受信データを処理しなければならない状況を回避することができます。

• ダイジェストの生成方法を変更し、管理者は、オンラインでのダイジェスト閲覧にユーザーとしてのログイン認証を必要とするかどうかを設定できるようにしました。ダイジェストのメール中の [ →続きを TeamPage で読む] リンクをクリックすると、ユーザーはブラウザーで最新のダイジェストを閲覧できます。今回のリリースで、サーバー セットアップ > メール > ダイジェスト にある設定で、閲覧する前にユーザーとしてログインを必要とするかどうかを選択できるようなりました。

• TeamPage の投稿/編集フォームおよびその他のメイン UI で先行入力補完機能が機能するように、TeamPage の統合検索機能によって動作するように変更しました。これにより、さまざまな種類のフォーム入力欄で同じ動作が得られ、ほとんどの場合、動作パフォーマンスが向上します。

• TeamPage のソーシャル エンタープライズ Web機能で作成された機能を PDF エクスポートした場合のレイアウトを改善しました。

• 一定期間アクティブでなかったユーザーを特定するために使用されるクエリのパフォーマンスを改善しました。

• パスワード再利用ポリシーの適用をサポートするために必要なクエリのパフォーマンスを改善しました。

• 折りたたまれた記事ボリューム「フィード」を使用して、ページに記事を表示するために使用されていた「フィード サマリー」の表示パフォーマンスを改善しました。

• 「記事の移動」フォームを表示した時、移動先のスペースを選択するフィールドが自動的にフォーカスされるようにしました。

• 記事セクションに新しく記事を追加した際に、追加された記事へページ移動するのではなく、そのままの場所でセクションの内容が更新されるようにしました。

• 記事ボリューム「フィード」や「要約/抜粋」の計算パフォーマンスを向上させました。

• サーバーセットアップ > サーバーファイル > その他 > ファイルのアップロード にある、一時ファイルの管理設定を改善しました。

バグ修正



• 編集時にパブリッシュされた記事が「最近パブリッシュされた記事」のクエリの結果に表示されず、セクション設定で「全期間」以外の日付範囲を選択した場合に当該セクションに表示されなかったバグを修正しました。

• 記事または段落に存在する現在のタグ セットを TeamPage で追跡する際に発生する可能性がある同時実行性の問題を修正しました。

• 署名要件モジュールで、署名フォームでユーザー名の代わりにユーザーのメールアドレスを受け付けられないバグを修正しました。

• 補完ソースが複数の種類のエントリ(タスクやイベントなど)でフィルタをかけようとしていた場合に、先行補完が機能しないことがあるというバグを修正しました。

• 特定の種類の設定ページの使用に関する統計の収集に関連するバグを修正しました。

• 外部検索結果ページに表示される特定の種類の結果の拡大を妨げるバグを修正しました。このバグは最近のリリースで発生した問題です。

•スタートアップ( "init")イベントリスナが早期に起動されないようにするためのTeamPageのスタートアッププロセスに関連するいくつかの問題を修正しました。

• TeamPage が特定の検索エンジンのインデクサー タスクを既に実行中またはキューに入れている場合でも、そのタスクをエンキューする原因となるバグを修正しました。

• TeamPage サービスの起動後にのみ有効になっている場合、TeamPage のバックグラウンド デーモン プロセスが起動しないというバグを修正しました。

•特定のページにバーンアップチャートが表示されないというバグを修正しました。

•TeamPageの既読/未読トラッキングで、エントリを作成したユーザーによって既読として自動的にマークが付けられないというバグが修正されました。

•埋め込まれた画像が書き出されたPDFに表示されなくなる可能性があるいくつかの問題を修正しました。以前は、Windows上で従来の単純な「ファイル」添付ファイルストアを使用すると、添付画像への埋め込み参照がエクスポートされたPDFに表示されませんでした。サーバー相対パスを介したイメージへの参照は表示されません。

• TeamPage のライセンス有効期限の内部追跡に関するバグを修正しました。

• スペースのダッシュボード画面(ニュースページ画面)以外のページでスペースの [ニュースページのタイトル] 設定がが使用される問題を修正しました。

• 一般的な「ストップリスト」単語に対するフルテキスト クエリが正しく処理されないというバグを修正しました。

• 大文字と小文字を区別しない検索語句が検索結果テキストのどこで正しく強調表示されないのかを妨げる可能性があるバグを修正しました。

• 特定のケースでヒットの強調表示が正しく機能しなくなる可能性があったバグを修正しました。

• 外部検索エンジンに送信された単純なテキストクエリに含まれる前に、特定のキーワードが引用符で正しく囲まれていなかったバグを修正しました。

• 特定の検索結果が表示されないことがあるというバグを修正しました。このエラーメッセージは、検索結果を表示するときにユーザーに報告されており、 "StringIndexOutOfBoundsException"が 含まれています。

• 検索結果テキストスニペット内の特定の特殊文字の処理に関するバグを修正しました。これは、検索結果スニペット内にこれらの文字を含む外部検索結果によって駆動されるページでレイアウトが壊れる原因となります。

•メインの検索ボックスで検索候補を提示するために使用される統一検索結果など、特定の先行入力補完を表示するときにヒットの強調表示が適用されないというバグを修正しました。

• スペースのセクション設定で [現在のスペース] オプションが選択されていると、セクションクエリのスペーススコーピングが誤ってしまうことがあるというバグを修正しました。このバグは、TeamPage バージョン 6.2.22 で発生した問題です。

• 特定の状況において、エントリの作成または編集時に TeamPage フォームが特定の要求されたラベルまたは参照を正しく適用できないというバグを修正しました。

• 特定のフォームフィールドの先行入力補完を取得するために使用されるクエリが妥当な数の結果で制限されないというバグを修正しました。

•セクションの「追加」ボタンから起動されたフォームに適用される予定のデフォルト値が無視される可能性があったバグを修正しました。

• TeamPage のライブ・アクティビティ情報が「メールで返信する」フォームで機能しなくなるバグを修正しました。

•ユーザーがフォーム内のタグを手動で削除した場合でも、テンプレートエントリ(または「コピー」操作のソースエントリ)のタグが新しく作成されたエントリに適用される可能性があったバグを修正しました。

• 編集中の下書き内容を不必要に再保存することがあるというバグを修正しました。

• 特定の種類の検索結果(ファイルなど)に対して [コメント] のアクションリンクをクリックしたときに、要求しているユーザーにエラーが表示される可能性がある問題を修正しました。

• デザイン > カスタマイズ ダイアログで配色を選択しても正しく有効にならないことがあるバグを修正しました。

•組 み込みの「タスクを閉じる」フォームや「タスクを開く」フォームなど、特定のフォームでエスケープキーを押すとエラーが表示される可能性があったバグを修正しました。

• TeamPage の VCard スタイルのユーザー詳細ダイアログで、ユーザーのミニバイオグラフィーが正しく切り捨てられないというバグを修正しました。

• ユーザープロフィールの編集画面での編集内容が保存できないというバグを修正しました。

• 最近のリリースで導入された、最近追加された表示コメントの内容が、アクティビティ > 最新スレッド ページに表示されないというバグが修正されました。

• 特定のエントリが、他のエントリを参照するために使用される一部のフォームフィールドの補完補完として提供されないことがある場合があるというバグを修正しました。

• 特定のケースで、メールの返信がディスカッションのスレッドに含まれないことがあるというバグを修正しました。

• 無効な検索式の識別に関連するいくつかの問題を修正しました。無効な検索が要求されたときにユーザーに報告されるエラーも、今でははるかに有益になりました。

• まれに記事の編集をまたいで追跡されることを意図した内部データが、編集操作中に失われることがあるというバグを修正しました。

• ユーザーの下書き一覧ページから1つ以上の下書きを削除したときに一時ファイルが「リーク」される可能性があるというバグを修正しました。進行中の下書きに関連付けられている一時ファイルは、関連付けられている進行中の下書きが削除されると削除され、TeamPage サーバーのバージョン 6.2.31 以降を初めて実行したときにこの問題により「リーク」していた一時ファイルは自動的に削除されます。

• 添付ファイルを含む受信メールメッセージが拒否されたときに一時ファイルがクリーンアップされないというバグを修正しました。このような一時ファイルは、サーバーをバージョン 6.2.31 以降で初めて実行したときにもクリーンアップされます。

• 特定の外部検索エンジンの結果表示ドリルダウンの「ファセットバケット」に適切な表示テキストが使用されないという問題を修正しました。

• カレンダー > ユーザーの選択 ページで jQuery 関連のエラーメッセージがいくつか生成される問題を修正しました。

• 要求しているユーザーが Internet Explorer を使用しているときに、ターゲットスペースの名前に ACSII 以外の文字が含まれていると、FullCalender がイベントを表示しない問題を修正しました。

開発者向けの変更



米国サイトのリリースノート をご確認ください。



Attachments:
A039A6CA-FE16-4242-8637-AD7C090A3DB7.png
show_sidebox.png
fullcalendar_gcal_setting_1.png
fullcalendar_gcal_setting_2.png
datatables.png
teampage_logo.png
関連記事
Article: Download2241 (permalink)
Categories: :Visitor:お知らせ, :DocJp:ChangeLog, :DocJp:R62
Date: 2019/02/08; 15時59分41秒 JST
Author Name: TeamPage サポート
Author ID: jpbo